レインブーツの臭い消し

降雨のお日様のスタートに大いにベネフィット変わるレインブーツ。
スタイリッシュでユーザビリティ抜群で、便利ですよね。
ただし、あんなレインブーツにも弱点が。
それは、使用していて避けては通れない「香り」だ。

レインブーツはゴム製なので、ゴム臭はお日様が経つほどそれはもう激しいだ。
その香りを統べるテクはいくつかあります。

前もって言えるのは、基本の天日干しだ。
ゴムの香りの元は硫黄組合せものだ。
そのため、日陰で換気の良いところで天日干しを行えばこれらは揮発していきます。
UVに晒してしまうと、ゴム小物特有の落ち込みが始まってしまいますので、お日様陰干しを通じて下さい。

別のテクとして次に言えるのは、スピリッツ消毒スプレーでの消臭だ。
いつの家庭でもあるキッチン用のものもオーケー効果を発揮します。
レインブーツがバッチリ乾燥したときのときにスプレーをまんべんなく吹きかけます。
やや放置した後半、温手ぬぐいで拭きあげます。
あとは野放し乾燥をさせましょう。
時間をおいて数回これを行うとより効果的ですが、過度にしてしまうと表面が白くなってしまうことがあります。
頻繁には行わないようにしましょう。

また、重曹というお酢を使って消臭するテクがあるもあります。
重曹といえば、ふくらし粉に組み入れる食用の物といった、洗剤のようにあてはめるものがありますが、とも構いません。
戦術として、重曹というお酢共に大さじ1を、お湯1Lに溶かします。
そこにレインブーツを漬け込み、1ひとときほどそのままにしておくだけです。

意外にも、簡単なテクばかりですので、香りが気になりだしたらこれらの方法で試してみてはいかがでしょう。http://gl-shipmanager.com/